お役立ち☆京都での前撮り厳選6社

トップページ > 京都での前撮り情報 > 京都の素敵なロケーションで前撮りすれば

京都の素敵なロケーションで前撮りすれば

前撮りという言葉を聞いたことがない人も多いと思われますが、これは結婚式の写真を先に撮っておくということを意味しています。
結婚式当日は何と言っても新郎新婦が主役ですので、式に出席してくれた友人や親せきの人たちと一緒に写真を撮ることが多くなります。
事前に親族が勢ぞろいして写真を撮ることもあり、何度も写真を撮ったという印象になりますが、実際に式を終えて写真を整理してみたら、新郎新婦が二人だけで写っている写真が一枚もないということが珍しくありません。
そんな話を結婚した友人から聞いた人たちが、結婚式当日にはゆっくり写真を撮ることができないのだと知り、前もって記念となる写真を撮っておこうと始めたのが前撮りです。
昨今はこの前撮りに対応する写真館も多くできてきて、さまざまな写真を撮ることができます。


写真館の中で、複数のウェディングドレスを着て写真を撮るのも素敵ですが、京都では風情ある祇園の街並みや、カップルたちのデートスポットとして人気の鴨川添いで、和装姿での前撮りができるところに人気が集まっています。
特に桜が満開の頃や、紅葉が美しく色づく時期に前撮りができれば、まるで映画のワンシーンのような素敵な写真が出来上がります。
京都は時代劇などの撮影でテレビや映画のクルーが訪れることが多く、とりわけ景色の良いところでは地元の人はもちろん、観光客も撮影慣れしているところがあります。
そのため、結婚写真の前撮りだとわかると、おめでとうと言葉を掛けてくれたり、きれいとか素敵といった声が聞こえてきたりといった具合に、思いがけずうれしい体験ができる場所柄ということで人気があります。


京都というと和の雰囲気があることから和装の写真も素敵ですが、昔ながらの京町家を結婚式場にしているところでちょっと変わった写真が撮れます。
それが、和の雰囲気の中でウェディングドレスを身にまとい、和洋折衷の前撮り写真を撮影することです。
ウェディングドレスと言えば教会、そして洋風というイメージがありますので、和の雰囲気が漂う町家でのウェディングドレス姿は、非常にいい記念になること間違いなしです。
もちろんせっかくの和風の建物ですので、和装の写真もぜひ撮っておきたいところです。
そのため、事前に確認をし、和装と洋装のどちらも着られるようにしておくのがおススメです。
男性もタキシード姿もあれば、紋付き羽織袴姿もあるといった写真が撮れれば、いい想い出になることでしょう。
いずれにしても結婚式当日に二人だけで撮影するのがむずかしいのは確実ですので、前撮りしておくと安心です。

次の記事へ

カテゴリー